みんなのN響アワー|NHK交響楽団

もっと自由に、クラシック音楽を。「みんなのN響アワー」は、クラシック音楽をもっと自由に、気軽に楽しむためのNHK交響楽団の新しい発信地です。N響のメンバーだけでなく、さまざまな音楽家も招きながら、クラシック音楽のあたらしい入口を作っていきます。

みんなのN響アワー|NHK交響楽団

もっと自由に、クラシック音楽を。「みんなのN響アワー」は、クラシック音楽をもっと自由に、気軽に楽しむためのNHK交響楽団の新しい発信地です。N響のメンバーだけでなく、さまざまな音楽家も招きながら、クラシック音楽のあたらしい入口を作っていきます。

    マガジン

    • N響 × N響

      担当する楽器が違ったり、年齢が離れていたり、はたまたオーケストラの端と端に座っていたり。心理的にも物理的にも近くて遠い距離にいる楽員同士が対談する企画です。

    • みんなでつくる、N響の“ORCHESTRA”。

      そもそもN響の歴史とは? コンサートにはどうやって参加するの? といった基本的なことから、知られざるN響の秘密まで、「O・R・C・H・E・S・T・R・A」を頭文字にもつキーワード毎に紹介していきます。

    • ファビオ・ルイージ、「美」を語る。

      2022年9月、NHK交響楽団は首席指揮者にファビオ・ルイージを迎えます。各国の一流オーケストラに客演するだけでなく、数々のオペラハウスでも実績を重ねるなど、交響曲とオペラの両輪で活躍し、その豊かな経験に裏打ちされた瑞々しい演奏は、世界中のクラシックファンを魅了しています。そして、音楽はもちろんのこと、文化や芸術、ファッションなどさまざまなカルチャーにも深い知見を持っているところもファビオのユニークさのひとつ。どんなものから影響を受け、その豊かな美的感覚を育み、そしてどんな思いで音楽を奏で続けているのか。首席指揮者就任に先駆けて、全4回にわたってファビオが語る「美」の秘密に迫ります。

    • 〇〇回目の、N響。

      生のクラシックコンサートの醍醐味は、何回訪れても、常に新しい感動や発見が得られること。例えば、はじめて訪れた時にはただひたすら音に身を委ね、2度目のコンサートでは奏者の表情に注目し……、回を重ねれば、お馴染みの楽員を目で追うようになることもあるかもしれません。この連載企画「〇回目のN響」では、はじめての方にもそうでない方にもN響のコンサートを鑑賞してもらい、会場でどんな体験ができたのか、その日の演奏からどんなことに思いを巡らせたのか、話を聞いてみます。

    • 名曲の「ココ」を聴こう。

      長くて難解なイメージを持たれがちなのが、クラシックの楽曲。現在のトレンド音楽のなかにもそのエッセンスは散りばめられていますが、いまいちどんなふうに楽しんだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか? この連載「名曲の『ココ』を聴こう」では、クラシック音楽にも影響を受けながら、ポップミュージックシーンで活躍しているミュージシャンたちがクラシック曲の聴きどころをピックアップし、その面白さを解説します。

    記事一覧

    #4 ルールと自由の狭間で、トランペットが語る音とは。

    ※このコンテンツは音声でもお楽しみいただけます。 先輩に連れて行かれて20数年。トランペットを始めたきっかけとは。佐瀬:今日はよろしくお願いします。N響の練習所、…

    #3 孤独だからこそ生まれた圧倒的祝祭感に包まれる。 |小西遼×ベートーヴェン

    長くて難解なイメージを持たれがちなのが、クラシックの楽曲。現在のトレンド音楽のなかにもそのエッセンスは散りばめられていますが、いまいちどんなふうに楽しんだらいい…

    #4 𠮷村結実(N響オーボエ首席奏者)|自分を音楽の道に導いた大切な一節。

    ※このコンテンツは音声でもお楽しみいただけます。 <𠮷村結実の一曲> モーリス・ラヴェル 《クープランの墓》メヌエット オーケストラの音の渦に巻き込まれながら、い…

    #3 バルトークの音楽理論が、ヒットソングの礎に。

    ※記事中に出てきた曲や冨田さんの手掛けられた楽曲を、ひとつのプレイリストにしました。ぜひ記事を読みながら聴いたり、曲の共通点を探してみたりして、お楽しみください…

    #3 村松龍(N響ヴィオラ奏者)|弾き手として感情を掻き立てられる一節。

    ※このコンテンツは音声でもお楽しみいただけます。 <村松龍の一曲> グスタフ・マーラー 《交響曲第1番》 第四楽章 演奏していていつも「幸せ」を感じるのは、ブラー…

    「8回目のN響は、体感する悦びを改めて教えてくれた。」|片岡真実さん(森美術館館長)

    芸術は、五感で体感するもの。今回、N響の池袋Cプログラムに初めて訪れました。通常のコンサートは2時間ほどありますが、いつも「1日が24時間では足りない」と思うほど日…

    #4 ルールと自由の狭間で、トランペットが語る音とは。

    #4 ルールと自由の狭間で、トランペットが語る音とは。

    ※このコンテンツは音声でもお楽しみいただけます。

    先輩に連れて行かれて20数年。トランペットを始めたきっかけとは。佐瀬:今日はよろしくお願いします。N響の練習所、初めて来たのですが、めちゃめちゃ大きな建物でびっくりしました。

    菊本:数年前に改修工事が行われて綺麗になったんですよ。僕が2003年に初めてここに来た時はどこに来たのかもわからないくらいの外観でした(笑)。

    佐瀬:そうなんですね(笑

    もっとみる
    #3 孤独だからこそ生まれた圧倒的祝祭感に包まれる。 |小西遼×ベートーヴェン

    #3 孤独だからこそ生まれた圧倒的祝祭感に包まれる。 |小西遼×ベートーヴェン

    長くて難解なイメージを持たれがちなのが、クラシックの楽曲。現在のトレンド音楽のなかにもそのエッセンスは散りばめられていますが、いまいちどんなふうに楽しんだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか? この連載「名曲の『ココ』を聴こう」では、クラシック音楽にも影響を受けながら、ポップミュージックシーンで活躍しているミュージシャンたちがクラシック曲の聴きどころをピックアップし、その面白さを

    もっとみる
    #4 𠮷村結実(N響オーボエ首席奏者)|自分を音楽の道に導いた大切な一節。

    #4 𠮷村結実(N響オーボエ首席奏者)|自分を音楽の道に導いた大切な一節。

    ※このコンテンツは音声でもお楽しみいただけます。

    <𠮷村結実の一曲>
    モーリス・ラヴェル 《クープランの墓》メヌエット

    オーケストラの音の渦に巻き込まれながら、いつも気持ちよく演奏しています。これから演奏する曲は、ラヴェル作曲の《クープランの墓》よりメヌエットです。はじめてこの曲を生演奏で聴いたのは、パリに留学してすぐのことでした。実を言うと、それまでラヴェルの良さって正直よく分からなかった

    もっとみる
    #3 バルトークの音楽理論が、ヒットソングの礎に。

    #3 バルトークの音楽理論が、ヒットソングの礎に。

    ※記事中に出てきた曲や冨田さんの手掛けられた楽曲を、ひとつのプレイリストにしました。ぜひ記事を読みながら聴いたり、曲の共通点を探してみたりして、お楽しみください。

    “ポップス耳”でも単純にかっこいい。江﨑文武:冨田さんとは、アーティストのkiki vivi lilyやNazのプロデュース、数年前の<T.O.C Band>(*1)でご一緒させていただいていますが、このプライベートスタジオには今日初

    もっとみる
    #3 村松龍(N響ヴィオラ奏者)|弾き手として感情を掻き立てられる一節。

    #3 村松龍(N響ヴィオラ奏者)|弾き手として感情を掻き立てられる一節。

    ※このコンテンツは音声でもお楽しみいただけます。

    <村松龍の一曲>
    グスタフ・マーラー 《交響曲第1番》 第四楽章

    演奏していていつも「幸せ」を感じるのは、ブラームスの「ヴィオラソナタ」です。これから演奏するのは、マーラーによる《交響曲第1番》第四楽章の一節。ヴィオラがとても目立つところです。今回は、「思い入れのある曲」を紹介してほしいとのことでしたが、実をいうとヴィオラを演奏していて特に「い

    もっとみる
    「8回目のN響は、体感する悦びを改めて教えてくれた。」|片岡真実さん(森美術館館長)

    「8回目のN響は、体感する悦びを改めて教えてくれた。」|片岡真実さん(森美術館館長)

    芸術は、五感で体感するもの。今回、N響の池袋Cプログラムに初めて訪れました。通常のコンサートは2時間ほどありますが、いつも「1日が24時間では足りない」と思うほど日々せわしないものですから、休憩なしの約1時間のプログラムは、すごく気楽に楽しむことができて、これはいいな、と思いました。

    そして何より、コロナ禍において、なかなかリアルな芸術体験ができない日々が続いたので、生のコンサートの素晴らしさに

    もっとみる