みんなのN響アワー|NHK交響楽団

もっと自由に、クラシック音楽を。「みんなのN響アワー」は、クラシック音楽をもっと自由に、気軽に楽しむためのNHK交響楽団の新しい発信地です。N響のメンバーだけでなく、さまざまな音楽家も招きながら、クラシック音楽のあたらしい入口を作っていきます。

みんなのN響アワー|NHK交響楽団

もっと自由に、クラシック音楽を。「みんなのN響アワー」は、クラシック音楽をもっと自由に、気軽に楽しむためのNHK交響楽団の新しい発信地です。N響のメンバーだけでなく、さまざまな音楽家も招きながら、クラシック音楽のあたらしい入口を作っていきます。

    マガジン

    • N響 × N響

      担当する楽器が違ったり、年齢が離れていたり、はたまたオーケストラの端と端に座っていたり。心理的にも物理的にも近くて遠い距離にいる楽員同士が対談する企画です。

    • みんなでつくる、N響の“ORCHESTRA”。

      そもそもN響の歴史とは? コンサートにはどうやって参加するの? といった基本的なことから、知られざるN響の秘密まで、「O・R・C・H・E・S・T・R・A」を頭文字にもつキーワード毎に紹介していきます。

    • ファビオ・ルイージ、「美」を語る。

      2022年9月、NHK交響楽団は首席指揮者にファビオ・ルイージを迎えます。各国の一流オーケストラに客演するだけでなく、数々のオペラハウスでも実績を重ねるなど、交響曲とオペラの両輪で活躍し、その豊かな経験に裏打ちされた瑞々しい演奏は、世界中のクラシックファンを魅了しています。そして、音楽はもちろんのこと、文化や芸術、ファッションなどさまざまなカルチャーにも深い知見を持っているところもファビオのユニークさのひとつ。どんなものから影響を受け、その豊かな美的感覚を育み、そしてどんな思いで音楽を奏で続けているのか。首席指揮者就任に先駆けて、全4回にわたってファビオが語る「美」の秘密に迫ります。

    • 〇〇回目の、N響。

      生のクラシックコンサートの醍醐味は、何回訪れても、常に新しい感動や発見が得られること。例えば、はじめて訪れた時にはただひたすら音に身を委ね、2度目のコンサートでは奏者の表情に注目し……、回を重ねれば、お馴染みの楽員を目で追うようになることもあるかもしれません。この連載企画「〇回目のN響」では、はじめての方にもそうでない方にもN響のコンサートを鑑賞してもらい、会場でどんな体験ができたのか、その日の演奏からどんなことに思いを巡らせたのか、話を聞いてみます。

    • 名曲の「ココ」を聴こう。

      長くて難解なイメージを持たれがちなのが、クラシックの楽曲。現在のトレンド音楽のなかにもそのエッセンスは散りばめられていますが、いまいちどんなふうに楽しんだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか? この連載「名曲の『ココ』を聴こう」では、クラシック音楽にも影響を受けながら、ポップミュージックシーンで活躍しているミュージシャンたちがクラシック曲の聴きどころをピックアップし、その面白さを解説します。

    記事一覧

    心とからだにじわじわ効く、特別なあの音。|星野概念

     僕はこれまで、クラシックのコンサートに頻繁に足を運んでいたわけではありませんが、音楽は全般的に好きで、嗜む程度ではあるもののクラシック音楽も聴いてきました。 …

    #1 クラシックと、ポップスは、地続きだ。

    クラシックやアンビエントなど、さまざまな音楽のエッセンスを取り込みながら活躍する音楽家であり、WONKやmillennium paradeのキーボーディスト、映画音楽作曲家としても…

    はじめまして、東京芸術劇場。

    奏者の息づかいまでが感じられる迫力に、まるで四方八方から聴こえてくるような豊かな音色に包まれ、その感動を共有するように客席が一体となって拍手を送る。それは、実際…

    #1 予測できない展開が、聴き手の想像を掻き立てる。|額田大志×ブルックナー

    長くて難解なイメージを持たれがちなのが、クラシックの楽曲。現在のトレンド音楽のなかにもそのエッセンスは散りばめられていますが、いまいちどんなふうに楽しんだらいい…

    みんなのN響アワーって?

    ポップスにロック、ジャズ、ヒップホップ……。 音楽は、私たちの心を揺さぶり、 いつもあたらしい感情を沸き立ててくれます。 そして、それはクラシック音楽だって同じ。…

    心とからだにじわじわ効く、特別なあの音。|星野概念

    心とからだにじわじわ効く、特別なあの音。|星野概念

     僕はこれまで、クラシックのコンサートに頻繁に足を運んでいたわけではありませんが、音楽は全般的に好きで、嗜む程度ではあるもののクラシック音楽も聴いてきました。

    クラシック音楽の中で主に聴いてきたのは独奏曲でした。特に学生時代、萩原朔太郎とアルチュール・ランボーというやや難解な詩人に同時期に夢中になり、詩の交換を続けるという若さゆえの少し恥ずかしい思い出を共有した友人に教わったバッハのピアノ独奏曲

    もっとみる
    #1 クラシックと、ポップスは、地続きだ。

    #1 クラシックと、ポップスは、地続きだ。

    クラシックやアンビエントなど、さまざまな音楽のエッセンスを取り込みながら活躍する音楽家であり、WONKやmillennium paradeのキーボーディスト、映画音楽作曲家としても活躍する江﨑文武さん。4歳でピアノを始め、子どもの頃はジュニアオーケストラに所属していたという彼は、その音楽活動の端々でクラシック音楽から影響を受けてきたといいます。今回江﨑さんがN響を訪れ出会ったのは、N響を指揮する世

    もっとみる
    はじめまして、東京芸術劇場。

    はじめまして、東京芸術劇場。

    奏者の息づかいまでが感じられる迫力に、まるで四方八方から聴こえてくるような豊かな音色に包まれ、その感動を共有するように客席が一体となって拍手を送る。それは、実際の会場でしか味わえないクラシックコンサートの魅力でしょう。N響は、2021年9月から定期公演の会場に、東京芸術劇場のコンサートホールを加えます。そこで、愛称“まろ”の名で親しまれる第1コンサートマスター、篠崎史紀さんと共に東京芸術劇場をめぐ

    もっとみる
    #1 予測できない展開が、聴き手の想像を掻き立てる。|額田大志×ブルックナー

    #1 予測できない展開が、聴き手の想像を掻き立てる。|額田大志×ブルックナー

    長くて難解なイメージを持たれがちなのが、クラシックの楽曲。現在のトレンド音楽のなかにもそのエッセンスは散りばめられていますが、いまいちどんなふうに楽しんだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この連載「名曲の『ココ』を聴こう」では、クラシック音楽にも影響を受けながら、ポップミュージックシーンで活躍する音楽家たちがクラシック曲の聴きどころをピックアップし、その面白さを解説します。

    もっとみる
    みんなのN響アワーって?

    みんなのN響アワーって?

    ポップスにロック、ジャズ、ヒップホップ……。
    音楽は、私たちの心を揺さぶり、
    いつもあたらしい感情を沸き立ててくれます。

    そして、それはクラシック音楽だって同じ。
    格式が高くて近寄りがたい? 知識がないと難しい?
    身構えてしまいがちですが、
    長い間、みんなの心を掴み続けているクラシック音楽こそが、
    数多の音楽の”原点”だと言っても過言ではありません。

    「みんなのN響アワー」は、
    クラシック音楽

    もっとみる