みんなのN響アワー|NHK交響楽団

もっと自由に、クラシック音楽を。「みんなのN響アワー」は、クラシック音楽をもっと自由に、気軽に楽しむためのNHK交響楽団の新しい発信地です。N響のメンバーだけでなく、さまざまな音楽家も招きながら、クラシック音楽のあたらしい入口を作っていきます。

#3 バルトークの音楽理論が、ヒットソングの礎に。

※記事中に出てきた曲や冨田さんの手掛けられた楽曲を、ひとつのプレイリストにしました。ぜひ記事を読みながら聴いたり、曲の共通点を探してみたりして、お楽しみください…

#3 村松龍(N響ヴィオラ奏者)| 弾き手として感情を掻き立てられる一節。

※このコンテンツは音声でもお楽しみいただけます。 <村松龍の一曲> グスタフ・マーラー 《交響曲第1番》 第四楽章 演奏していていつも「幸せ」を感じるのは、ブラー…

「8回目のN響は、体感する悦びを改めて教えてくれた。」|片岡真実さん(森美術館館長)

芸術は、五感で体感するもの。今回、N響の池袋Cプログラムに初めて訪れました。通常のコンサートは2時間ほどありますが、いつも「1日が24時間では足りない」と思うほど日…

#3 ドラムとパーカッションが共鳴。溶け合うビートを奏でるために。

※このコンテンツは音声でもお楽しみいただけます。 プラスチックの縄跳びや水槽まで使うパーカッションの幅広さ。伊吹:初めてN響の練習場に来たのですが、僕が普通に生…

#3 ファビオ・ルイージ(次期首席指揮者)|「音楽は演奏されるその瞬間だけ命が宿るのです」

名演が生まれる瞬間、ステージの中央に立ち全身を使ってタクトを振るうのが指揮者です。この連載では、N響にゆかりのある世界的な3人の指揮者が登場し、その仕事の裏側や…