みんなのN響アワー|NHK交響楽団

もっと自由に、クラシック音楽を。「みんなのN響アワー」は、クラシック音楽をもっと自由に、気軽に楽しむためのNHK交響楽団の新しい発信地です。N響のメンバーだけでなく、さまざまな音楽家も招きながら、クラシック音楽のあたらしい入口を作っていきます。
+9

#1 バッハはビートルズへ、ベートーヴェンはYMOへ。

街中で流れるポップミュージックの中にも、実はクラシック音楽のエッセンスが図らずとも入りこんでいます。曲の中にその一部がそのまま引用されているものだけでなく、音の…

+14

#1 パーヴォ・ヤルヴィ(N響首席指揮者)|「これからの音楽家に必要なのは、変化とアイディアである」

名演が生まれる瞬間、オーケストラを見渡すようにステージの中央に立ち、全身を使ってタクトを振るうのが指揮者です。客席からは後ろ姿しか見えず、少し謎めいた彼らですが…

+3

#1 松田拓之(N響ヴァイオリン奏者)|初心を思い起こさせてくれる一節。

はじめてクラシック音楽の豊かさを教えてくれた曲、プロの音楽家を志すきっかけになった曲、壁にぶつかった時に立ち戻る曲。N響で活躍する楽員一人ひとりには皆、それぞれ…

+2

心とからだにじわじわ効く、特別なあの音。

熱のこもった指揮者の動きと、それに呼応してオーケストラが織り成す音の躍動。そして演奏を締めくくる割れんばかりの拍手と観客たちの笑顔。五感をフルに使って音楽を味わ…

+10

#1 クラシックと、ポップスは、地続きだ。

クラシックやアンビエントなど、さまざまな音楽のエッセンスを取り込みながら活躍する音楽家であり、WONKやmillennium paradeのキーボーディスト、映画音楽作曲家としても…

+8

はじめまして、東京芸術劇場。

奏者の息づかいまでが感じられる迫力に、まるで四方八方から聴こえてくるような豊かな音色に包まれ、その感動を共有するように客席が一体となって拍手を送る。それは、実際…